2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
発送休み
2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
発送休み
 

トップ > 肝臓の元気さが心配なとき > プラセンタクレア(20粒入り)

プラセンタクレア(20粒入り)

肝臓の健康を考えるご愛犬ご愛猫のために大切な3つの成分をバランスよく配合。
動物病院でも使って頂いている薬剤師監修のペット用サプリメントです。

ご愛犬ご愛猫の健康のために、SPFプラセンタの使用率を100%に高めたこだわりのプラセンタ末と、カキ肉エキス、亜鉛含有酵母を配合しています。

これら厳選の3つ健康素材を凝縮した粒を、国内のGMP認証工場で製造。
「量よりも質」にこだわる飼い主様のための粒タイプです。

一粒ずつ個別パックにすることで、保存料の使用割合を減らしつつデリケートな品質を守っています。

使っていただいている獣医師の先生方によるチェックと、リピーター様から「おかげさまで元気!」と笑顔の声を頂きならが、安心してお届けしているオリジナル製品です。
健康で元気で、笑顔のたえない楽しい生活を応援しております。
価格 : 2,592円(税込)
遮光アルミ袋でお届けします。縦16cm*横10cm*厚み1cm以下
ポイント : 129
数量    在庫あり
 

日本

送料:無料〜

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
【1日の目安量】
体重10kgまで 1粒
体重10kg以上 2粒

食事とともにお与えいただけます。
※体重5kg未満でしたら0.5粒を目安としていただけます。

【内容量】
20粒
1粒 260mg(=0.26g)

【成分表示】
粗タンパク質 33%以上
粗脂肪 0.5%以上
粗繊維 11%以下
粗灰分 13%以下
水分 10%以下
エネルギー234kcal(100gあたり)

【原材料名】
プラセンタエキス末(1粒あたり100mg)、カキ肉エキス末(55mg)、亜鉛含有酵母(52mg)、セルロース、ステアリン酸Ca、トレハロース

【原産国】
日本

【保存方法】
高温多湿や直射日光を避け、常温で、お子様の手の届かない所に保存してください。
デリケートな成分を守るために、取り出した粒はお早めにお与え頂き、粒シートはパッケージに戻してチャックを閉じて保管してください。

【販売者】
メディネクス株式会社
長野県飯田市鼎中平2542-5

お客様サポート・ご相談
メディネクス株式会社 飯田アルプス研究所
長野県飯田市上郷飯沼1889-9
0265-49-8934



【ご質問と回答】

Q まずは、どのくらいの期間与えたら良いですか?
A 1袋もしくは1ヶ月程度お与え頂き、体調からご愛犬ご愛猫に適しているかご判断いただければと思います。

Q 健康なうちからも(健康を取り戻したときでも)与えても構いませんか?
A 健康維持としてご活用いただけます。とくにシニア期を迎えるペットたちにはおすすめさせていただいております。

Q 腎臓や心臓が少し弱いと言われていますが、与えて大丈夫ですか?
A 薬ではありませんのでまず心配はいらないでしょう。迷われるときは担当の先生に相談したり、また弊社にお問い合わせいただいても構いません。

Q 皮膚や毛、食欲をみていると亜鉛不足だと思うのですが、補給できますか?
A 配合する52mgの亜鉛含有酵母(亜鉛10%)から、約5mgの亜鉛を摂ることができます。

Q 味はどうですか?
A 天然素材に由来する独特の風味があります。それを好んでくれる犬猫たちもいます。なお粒タイプですのでゴクリと飲ませてあげることができます。

Q 与えるタイミングはいつが良いですか?
A 与えやすい時間に、1日1回にまとめて与えて大丈夫です。食事と一緒でも空腹の時にもお与えいただくことができます。

Q 半分に割って与えて良いですか?
A 大丈夫です。粒の割線を前にしてスプーンを背に当てると割りやすいと思います。残った半分はパッケージに戻して保管していただき、できるだけ早めにお与えください。

Q 豚肉アレルギーの犬(猫)に与えても良いですか?
A 配合するプラセンタは豚由来ですので、少量であっても心配な子には念のためにお与えにならないほうが良いです。

Q 血液検査でALPやALT(GPT)が高いとすぐに心配ですか?
A 必ずしも心配なケースとは限りません。油断しすぎてはいけないと思いますが、健康を維持して長生きする子もきっとたくさんいると思います。不安になりすぎず、担当の先生と方針を相談してみましょう。

Q ビリルビン(T-BILL)やアンモニアが高いとどうですか?
A それらが高いとき、とくに黄疸がみられるようなときは油断できません。動物病院で治療や食事についての話を聞きましょう。

Q 肝臓はダメージを受けやすい代わりに再生する能力があると聞きました。
A おっしゃる通り肝臓には自己修復する再生の能力があります。肝臓の健康のためにはその能力を生かしてあげることが大切なサポートになってくるでしょう。

ページトップへ